アルバイトに応募する時の注意点

コンビニのアルバイトというのは時期に関わらず、だいたい募集がされていますので、それ自体を見つけるのは簡単です。しかし注意しなくてはいけないのが、どこにあるのか?と、どの時間帯の募集であるか?ということ。コンビニでのアルバイトを長く楽しく続けるため、応募の段階からしっかりチェックしておきましょう。

自宅から通いやすいかをチェックしましょう

まず、店舗のある場所をしっかり確認してください。住所がよくわからない場合はGoogleマップなどで位置を確かめるのも良いでしょう。もしもあなたの自宅からあまりに離れている場合は、残念ながらやめておいた方が賢明です。

コンビニのシフトというのは、深夜などでない限り平均して6時間程度の場合が多いと言えます。そのため、わざわざ長い時間をかけて通勤をするのは効率的とは言えません。最高なのは徒歩で行ける場所、それが無理なら自転車で通える距離のお店の募集を探す方が良いでしょう。

交通機関を使わなくてはいけない場合は、駅から近い店舗にしておくべきです。ただし、駅直結の店舗はかなり来客が多いので、少し仕事が大変になるかも知れませんので、その点はあらかじめ覚悟しておきましょう。

募集しているシフトの時間帯も要確認

シフトの時間帯に関してもそれぞれに特徴があります。まず、早朝はどの店舗であっても非常に忙しいと言えます。そのため、のんびり屋な人には向かないかもしれません。逆に、てきぱき働きたいとい人には向いているでしょう。

日中から夕方にかけては主に店舗の整頓作業がメインとなります。場合によっては棚卸しや発注という業務を任されることもあるでしょう。比較的マイペースに仕事を進められますが、お昼時などは早朝と同じくらい混雑することもあります。

夕方から深夜にかけてはレジ以外の仕事が増える場合が多いと言えます。掃除や商品の補充など、日中の忙しい時間帯にできなかった仕事が回ってくるでしょう。その分お客さんは少なくなる傾向にあります。ただし、やはり夕方から夜にかけて仕事をするというのは生活のリズムが崩れる要因のひとつともなりますので注意が必要です。

深夜から早朝の勤務は時給が高いのに仕事が楽そう、という印象があるかもしれませんが、そもそも夜に働いている時点で精神的・体力的に消費が激しいと言えます。一度生活サイクルが夜型になってしまうと、あとから直すのが大変なので、よほどのことがない限り深夜はオススメできません。

募集要項のチェックはアルバイトをスタートさせるための第一歩です。特にコンビニの場合は、場所と募集シフトをしっかり確認するようにしましょう。

Copyright© コンビニのすべて~120%活用術 All Rights Reserved.