コンビニ強盗にご注意!

コンビニの求人の探し方にはいくつかの方法があります。もっとも一般的なのはネットを使ったものですが、アルバイト情報誌などでも良いでしょう。できるだけ多くの求人を見つけ、比較検討することが大切です。

最もお手軽なのはネット検索

最近最も一般的になってきているのが、インターネットによるアルバイト募集検索です。基本的にはどのサイトを利用しても良いですが、できれば大手のサイトを利用しておくほうが手間を省けるかもしれません。

特にコンビニのアルバイトというは求人が多いので、できるだけ多くの選択肢の中から選ぶのが大切です。「家から近いしここでいいか?」といった決め方はしないように注意してください。

ちなみに、サイトによっては応募方法が電話ではなくフォームへの記入の場合もあります。この際には向こうから折り返しの連絡が電話で来る場合もあるので、かかってきた時にわかるよう電話番号を登録しておくなどの工夫が必要です。

情報誌でももちろんOK

アルバイト情報誌を購入、または無料のものをもらってくるという方法もあります。ネットに比べると少し手間は増えますが、気軽に探すことができるのは利点と言えます。

特にアルバイト情報誌には、面接の心得やお仕事紹介特集などが掲載されていますので、雑誌としても楽しむことができるでしょう。

近所のコンビニも要チェック

店舗が直接アルバイト募集の広告をお店の窓などに張り出している場合もあります。よく行くお店であれば目にする機会もあるでしょうから、働く意志があるのならすぐに連絡をしてみましょう。

ちなみに、連絡方法は電話が基本です。来店時に直接店員さんに声をかけても良いですが、忙しいタイミングの時などは迷惑となってしまいかねません。また、あなたもしっかりとした身なりを整えておく必要がありますので、やはり電話の方が適切と言えるでしょう。

紹介は良い?悪い?

友人や知人がコンビニで働いている場合、募集が出た段階で紹介をしてもらうという方法もあります。友人や知人があなたのことを信頼していれば、採用を後押ししてくれることもあり、働ける可能性がぐっと高まると言えるでしょう。

ただし、紹介で採用された場合には友人や知人の顔を潰してはいけない、というプレッシャーもかかります。万が一お店で大失敗を起こしてしまった時には、あなただけでなく紹介者にも迷惑がかかることを忘れないようにしましょう。

コンビニのアルバイトを探すなら、インターネットでの検索からはじめるのが最も手軽です。もしくは無料の求人情報誌をとりあえずもらってくるのも良いでしょう。タイミング良く店舗に貼り紙がされていた場合や、友人・知人からの紹介が来た際には、よく考えてから応募してみてください。

Copyright© コンビニのすべて~120%活用術 All Rights Reserved.