コンビニコーヒーの秘密

コンビニエンスストアは今ではどこの会社でも、最も力を注いでいるのは「カウンターコーヒー」で間違いありません。2013年に、日経トレンディが毎年発表する「ヒット商品ベスト30」において、一位の栄冠に輝きました。すると瞬くなに普及してゆき、今では定番サービスとして、すっかりお馴染みの商品です。そこで今回は、「セブンイレブン」「ローソン」「ファミリーマート」の3大チェーンを中心に、各社コーヒーの特徴を確認していきましょう。

最も早く提供するコンビニは?

コンビニのカウンターコーヒーには、「45秒の壁」があることを知っていますか?一般的においしいコーヒーを淹れるためには、時間をかけゆっくりと抽出しないといけません。しかしコンビニで提供する場合、お客様は急いで商品を買いたいので、長いコーヒー抽出は不可能です。そこで代表的なコンビニがコーヒーを作るのに、一体どれくらいかかるか調べてみました。セブンカフェは46.8秒、MACHI café 42.5秒、ファミマカフェ46.9秒かかっています。ボタンを押してから完了までおよそ45秒前後ですよね。これが「45秒の壁」になります。コンビニエンスストアは、コンマ1秒単位でしのぎを削っているんです。では違いはどこから生まれているのでしょうか。

各社コンビニコーヒーの違い

各チェーンが販売するカウンターコーヒーに差をつけるため、要素としては「豆の種類」「豆の焙煎方式」「販売方式」「抽出方法」「ミルクの種類」が挙げられます。早速違いを見ていきましょう。セブンイレブンはアラビカ豆100%を使い、ドリップ式で抽出しお客様が自分でマシンを操作する、セルフ販売方式です。ローソンはブラジルのイパネマ農園で採れた豆を使用、店員がエスプレッソ方式で抽出したものを、提供しています。ただし一部店舗では、セルフ販売方式のため注意してください。ファミリーマートはエスプレッソ抽出し、お客さんが自分で操作する、セルフ販売方式です。各社WEBサイトの情報だけでは不足しているため、比較は難しいといえます。ただし一つ大きな違いとしてピックアップしたいのが、販売方法です。ローソンはサービス開始当初こそ人気を支持していましたが、近年はやや苦戦しています。それは、スタッフが注文を受け、レジカウンターでコーヒーを抽出し、レジ越しに手渡す方法では、販売数が思うように伸びないことが原因と考えられます。コンビニに来る人は、素早く商品が欲しい傾向が強いです。レジで頼み、次に待つ人達の目線を気にしながら、コーヒーを完成するのを待つ行為は慣れてないため、戸惑いがあったと思われます。
そのため最近は、ローソンでもセルフ販売方式を取り入れつつあります。この方法なら自分が操作し淹れるため、待つ抵抗感が軽減可能です。

多彩な商品展開が可能

抽出方法は、セブンイレブンはドリップ式ですが、ローソンとファミリーマートはエスプレッソ式です。コンビニに設置するなら、エスプレッソ式の方が向いているといます。なぜなら、多彩なメニューを展開し提供できるためです。またこれならコーヒーが苦手な人でも飲めるため、人気のメニューでもあります。ですがコーヒーマシンは高価で、エスプレッソマシンはさらに高いです。そのため不思議と国内メーカーの進出は少ないといえます。もし今後国内の家電メーカーが、日本人に合うエスプレッソマシンを開発し、コンビニに導入したらカウンターコーヒーブームはより広がりを見せるでしょう。

Copyright© コンビニのすべて~120%活用術 All Rights Reserved.