コンビニの社会における役割

普段私たちの生活に欠かせない存在コンビニエンスストア、多種多様な商品がたくさん揃っています。24時間いつでも営業しているので、急に足りないものがあってもすぐに購入できるため、とても助かります。そんなコンビニですが社会貢献活動を行っているのを知っていましたか?皆さん生活を送る中で、払い込みを行っていますよね。実はそのサービスも、社会貢献活動の取り組みの一つなんです。ではなぜコンビニエンスストアは、社会貢献活動に取り組んでいるのでしょうか。その理由は、コンビニの社会インフラ化が背景にありました。コンビニは単なる小売店ではなく、生活に欠かせない様々なサービスを展開し、24時間営業の社会インフラのような役割を担っています。
社会貢献活動が本格的に
コンビニエンスストアが、さらに社会的影響を拡大するため次々と社会貢献活動に乗り出してきています。社会貢献活動を本格的に乗り出すきっかけとなる出来事がある年に起きました。それは2009年に社団法人日本フランチャイズチェーン協会が発表した、「社会インフラとしてのコンビニエンスストア宣言」です。それらの内容は、次の4つを挙げています。環境に優しいコンビニ、まちの安全、安心への貢献、地域経済化への貢献、消費者の利便性向上の追及です。この宣言から、改めてコンビニの社会貢献活動は意識され始めました。
社会貢献活動で行っていること
近年のコンビニは地域のインフラを中心に、社会貢献活動に力を入れています。ますます日常生活において、大きな影響を与えるようになりました。では具体的にどのようなことを取り組んでいるのでしょうか。コンビニのこれらの活動について、考えていきます。まず環境に関する社会貢献活動です。主に三つのことを行っています。サプライチェーン全体でこの問題に対応できるように、体制を構築しているのです。例としては、物流に関してはLEDに変える、電気自動車の充電ステーションを設置するなど、様々な環境に関する取り組みに挑戦しています。次は地域社会における活動です。例えば地域の移動販売や御用聞きによる買い物支援、24時間営業を活かした地域の治安維持、防犯対策です。また災害時における帰宅困難者への物資支給、行政や公共料金の支払いサービスも実施しています。最近のコンビニは地域社会へ社会貢献活動に取り組んでいますが、経済活性化にも貢献しているのです。コンビニエンスストアは60万人以上の雇用を生む一大産業のため、地域雇用もつくってくれます。そして商品の現地化を行い、地産地消方の商品販売をしています。ATMを設置して、観光収入に貢献もしています。地域の経済活性化にも力を入れているのです。

いかがでしたか。コンビニエンスストアはただの小売店ではなく、地域のインフラとしての社会貢献活動も行っているのです。貢献の切り口として、環境問題の配慮や地域社会の安心、安全も守り、地域経済の活性化など、多岐にわたる社会貢献活動も取り組んでいます。24時間営業という強みを生かして、コンビニエンスストアはこれらの活動を行えるのです。しかし本質は、コンビニも慈善団体ではありません。営利企業のため、これらの活動に力を入れつつ利益を追求しています。

Copyright© コンビニのすべて~120%活用術 All Rights Reserved.