上手に使おう、コンビニ食品

おそらくコンビニがもっとも力を入れているであろう、食品。味付けも絶妙で、つい癖になってしまいます。カロリー表示に気を付けること、野菜も確実に摂取することを心がけて、さあ活用しましょう。

コンビニに入って最初に目につくのは、その圧倒的な食品の品ぞろえです。さすがにスーパーマーケットにはかないませんが、必要十分なものが取り揃っています。独身の人ならば、コンビニの食品だけで、栄養バランスに優れた食生活を送ることができるでしょう。

カロリー表示はよく確かめて

コンビニの食品は味付けもよく、かなり食味にも優れています。クセになって何度も同じ商品をリピートしている方も多いのではないでしょうか? しかし、おいしく食べられるものは大体において高カロリーです。肥満や成人病に繋がってくるおそれもあります。品物のラベルにはほとんどカロリー表示があるので、きちんと確認したいところです。

野菜で彩る食卓

いかにもおいしそうなお弁当やお惣菜に目を引かれて、ついついおろそかにしてしまいがちなのが野菜の摂取。コンビニにはサラダも充実しているので、定期的に摂っておきましょう。ドレッシングは別売りで20円程度が相場です。ゴマドレ、アオジソドレ、中華風ドレなど毎回別の味が楽しめるのも魅力! 次々と新しいサラダにチャレンジすれば、食生活にも彩りが生まれます。体の健康にも、心の健康にもまた繋がってくるでしょう。

冷凍食品も見逃せない!

コンビニでは、保存に便利な冷凍食品もまた陳列されています。おすすめは、100円で買える商品です。店舗で言えば、ローソンが比較的充実している印象があります。炒飯や高菜炒めご飯など、ちょっと炭水化物が欲しくなったときには、非常に便利です。スーパーマーケットではなかなかお目にかかれない100円冷食で、食卓を盛り上げましょう。

半額もある…かも

店舗によっては、賞味期限が近づいた商品を値引きして販売しているお店もあります。最大で半額になることもあるので、値引きのあるお店を仕事帰りにチェックする習慣をつけておくと、かなり食費を浮かせることができます。冷凍庫に入れておけばある程度保存も利くので、その日食べきれないものでも、あえてまとめ買いしておいてもいいかも…。

食品はスーパーで買わなくちゃ損、という常識は変わりつつあります。スーパーで品物をセレクトする手間、調理する手間などを考えれば、出来合いの商品を温める方が経済的かもしれません。あなたのスタイルに合った、コンビニの食品利用法を考えてみましょう。

Copyright© コンビニのすべて~120%活用術 All Rights Reserved.