コンビニバイトのここがイイ!

コンビニの仕事はそう簡単ではありません。しかし、厳しい仕事の中で得られるメリットもいくつかあり、だからこそ続けていくことができます。「働いてみようかな」と迷っている方は、ぜひここで紹介するメリットを知って、労働意欲を高めてください。

もらえるかもしれない廃棄物

コンビニでは、数多くの食品を取り扱っています。しかし、売れ残る品も決して少なくありません。賞味期限が切迫した食品は、基本的にすべて処分することになっています。

ところが、フランチャイズ店など、この規則に寛容なオーナーは、アルバイトに廃棄物の持ち帰りを認めています。おいしいコンビニの食品を、毎日食べられるわけです。

しかし、最初から廃棄物を目当てにするのはアウトです。面接の際に、「廃棄はもらえますか?」とでも尋ねれば、「不真面目だな」と判断されて、採用してもらえないでしょう。

対人的なストレスが少ない時間帯も

コンビニには、ヒマな時間と忙しい時間があります。朝7時~9時前後までは出社する人でにぎわい、17時~20時くらいまでは自宅への帰り道に立ち寄る人が増えます。品出しや掃除などの仕事もあり、この時間帯の仕事はかなりハードワークです。

しかし、逆に言えばそれ以外の時間帯は大体において空いており、のんびりと働くことができます。時給の発生する仕事中に、休憩のような時間が過ごせるのも、コンビニバイトのメリットと言えるでしょう。体力に自信がない人にとっては、嬉しいポイントです。

お客さん、仲間との連帯感

コンビニには毎日通うお客さんがいます。顔なじみになれば、気軽に会話できる中にもなれるでしょう。また、大体のお店はアルバイト2人程度で回すので、スタッフ同士の仲は嫌でも良くなります。対人的なコミュニケーションが少なくなる中高年の男女にとっては、ちょうど良い気分転換にもなるでしょう。

もちろん職場の異性と個人的に親しくなれる可能性もあります。それまではしがないオヤジだったのに、コンビニで働き始めてからモテモテ、という事態もありえるかも! 肉体的な接触にも備えて、クリニックでバイアグラを処方してもらい、バイト面接に出かけましょう。

コンビニでの仕事、ちょっと興味が湧いてきませんか? あなたの自宅のすぐそばのお店も、きっと募集をしているはず。貼り紙を確認して、さあ、電話をかけてみましょう。

Copyright© コンビニのすべて~120%活用術 All Rights Reserved.