面接の準備をしましょう!

求人に応募をし、面接の日程が決まったらいろいろと準備が必要になります。そして当日、お店に向かう前にもやっておくべきことがありますのでしっかり把握しておきましょう。

履歴書の記入は丁寧に

まずは面接の際に使う履歴書を用意します。このときに大切なのは、とにかく丁寧に書くことです。殴り書きなどはせず、一文字一文字しっかりと書き込むようにしましょう。

証明写真は3ヶ月前までに撮影したものを使ってください。また、経歴は高校卒業からで十分です。たまに小学校入学から書いてしまう人がいますが、逆に常識がないと思われてしまうので気をつけてください。

ちなみに、最近ではパソコンで作成・印刷した履歴書を持参する方もいますが、基本的にはやめておいた方が良いです。本来的には問題ないのですが、年配の経営者や店長の場合「楽をしたな!」と判断されることも少なくありません。余計なマイナスポイントは作らないようにしておいた方が無難と言えるでしょう。

また、アルバイトですので職務経歴書までは不要ですが、用意できる方は持参しても良いでしょう。提出してプラスになるアピールは積極的にどんどんするべきです。

面接当日の準備について

面接の当日は身なりをしっかり整えてください。スーツの着用は不要ですが、シワのない清潔感のある服装を心がけましょう。もちろん、歯磨きやひげ剃りなどは必須です。

また、労働条件や質問への回答をメモするために、メモ帳と筆記用具も持参した方が良いでしょう。ただし、雰囲気によっては「メモをとってもよろしいでしょうか?」と一言かけてから取り出した方が良い場合もありますので注意してください。

余裕を持って10分前行動

お店に到着するのは面接時間の10分前がベストです。万が一道に迷ってしまったとしても、これくらいの余裕を見ておけば大丈夫でしょう。また、やむを得ない事情で遅れる場合には、できるだけ早く連絡をするようにしてください。

ちなみに、不安なのであれば前日などに一度下見に訪れるというのもオススメです。場所の確認だけでなく、お店の雰囲気や周りの環境をリサーチしておくのは面接の際に必ずプラスに働くでしょう。

一歩踏み込んだ瞬間から面接はスタートしています

お店に着いたら店員さんに「面接に参りました○○と申します」と伝えましょう。その場で待たされるか、バックヤードに案内してもらえます。少し緊張するかもしれませんが、あたふたしては行けません。お店に足を踏み入れた瞬間から面接ははじまっています。堂々とした態度で面接に臨んでください。

面接は準備が大切です。コンビニのアルバイトと言えどもそれは同じです。履歴書を用意し、しっかり身なりと心構えを整え、面接に臨みましょう。

Copyright© コンビニのすべて~120%活用術 All Rights Reserved.