牛レバ刺しはダメでも、馬レバ刺しはOK!

相次ぐ食中毒事故により、牛のレバーを生食用として販売したり提供したりすることが、2012年7月に食品衛生法で禁止されました。牛のレバーを生で安全に食する方法がないためのやむを得ない措置だそうです。牛のレバ刺しはファンが多かったので、食べられなくなって残念に感じている人も少なくないでしょう。

どうしてもレバ刺しが食べたい! と望んでいる方は、ぜひ馬のレバーを試してみてください。牛や豚と比べて、馬の肉は食中毒を起こしにくいという特性があるため、安全に食べられます。しかも、とっても美味しいのです!

牛や豚の生肉は危険ですが、馬肉は生食に適した安全な肉です!

古くから馬肉は生で食されてきました。レバーに限らず、ロースもバラも、ヒレやタンも生食されています。「馬刺」しは江戸時代から続く日本のユニークな食文化ですが、馬肉が生で食べても安全な肉だからこそ、現代まで受け継がれてきたのです。

牛は「反芻(はんすう)動物」のため、いったん口に入れた食物を胃に貯めて、口に戻して時間をかけて噛み砕きます。そのため細菌が繁殖しやすく、O157(腸管出血性大腸菌)のリスクが高くなります。また、牛や豚のレバーには、E型肝炎ウィルスやサルモネラ属菌の感染リスクもあります。「新鮮かどうか」は関係ありません。

馬肉にはこのような細菌やウィルスの感染リスクがほとんどありません。厚生労働省が平成11年度から22年度に実施した調査でも、馬刺しからは、O157は全く検出されませんでした。馬の肉は、マグロやカンパチなど魚の刺身と同様に、生食に適した食材なのです。

馬のレバ刺しは美味しくてヘルシー!

馬のレバ刺しを食べたことのある人の多くが、「もしかして、牛よりも美味しい!?」と感じているのではないでしょうか? 見た目は牛レバーとほとんど変わりませんが、食感はトロッとしてプルプルしている上に、ややコリコリした感じ。レバー特有の臭みが少ないので、牛レバーが苦手な人でも大丈夫。かなりの美味です。

しかも、馬肉は牛や豚に比べて低カロリー。牛の半分以下と言われます。たんぱく質は変わらないので、低カロリー・高タンパクのヘルシー食材です。おまけに、貧血に効果のある鉄分や、疲労回復効果の高いグリコーゲンも豊富。まさに健康食材の代表選手のような料理なのです。

牛レバーの代わりに馬レバーを試してみてはいかがでしょうか? 美味しい上に、低カロリーで栄養素も豊富。安全性も高いので、安心して食べられます! 通販でも手に入りますので、ぜひ試してみてください。

参考URL:
豚レバーの生食は、やめましょう/厚生労働省

Copyright© コンビニのすべて~120%活用術 All Rights Reserved.