外出先でも困らない、マルチコピー機活用術

コンビニのマルチコピー機のFAX機能、使ったことがある人も少なくないでしょう。ですがたいていが送信だけで、受信ができることは知らない人が多いよう。受信できることを知っていても、いまいち仕組みがわからず、利用したことがないかもしれませんね。ですが滅多に使わないからこそ必要になったときに不便なFAX。便利なサービスを知っていれば、いざというときに困ることはありませんね。

FAXをコンビニで受信するには?

コンビニのコピー機でFAXを受信するには、クロネコヤマトが提供しているクロネコFAXというサービスを使います。コンビニといういつ誰が使うかわからないコピー機に送るため、一度クロネコヤマトのクロネコFAXセンターにデータを預かってもらい、都合のいいときにプリントアウトするといった仕組み。なので送る相手にクロネコFAXセンターの番号を伝えておけば、出先でも最寄りのコンビニでFAXを受け取ることが可能なのです。ただセブンイレブンには導入されていないため、送信のみとなりますので注意してください。

またこのサービスは嬉しいことに、クロネコFAXを使うのに面倒な会員登録や、レジでの手続きは一切必要なし。事前の会員登録もせず、FAXセンターの番号さえ知っていれば使いたいときにすぐに使えるのはとても便利ですね。仕事中、出先で急遽FAXを受け取らねばならなくなtったときなどに重宝します。営業職でなかなか会社にいることが少ない人にもありがたいのではないでしょうか。

またFAXを持っていない人同士で重要書類をやり取りしたいときにも便利。コンビニで送ったものを別のコンビニで受け取ることもできますので、活用シーンは無限大。今すぐ書類や資料を送りたいときに、おぼえておくと便利なのではないでしょうか。

外出先で使えるサービスはほかにも

外出先で活用できるサービスはまだまだあります。まずはネットワークプリント。これはシャープが提供しているサービスで、ローソン、ファミマ、サークルKサンクスで利用することができます。ちなみにセブンイレブンではシャープのサービスは導入されていませんが、独自のネットプリントサービスを展開しています。

ネットワークプリントは、あらかじめパソコンやスマホからデータを決められた場所にアップロードしておき、最寄りのコンビニで紙に印刷するもの。外出先で使う資料をうっかり忘れてしまったときはもちろん、自宅にプリンタがない場合にも便利ですね。印刷できるデータは文書と画像の2種類。ただセイコーマートでは画像印刷ができませんので、注意してください。

ただこのサービスの難点が、事前に会員登録が必要なこと。シャープのもの、セブン独自のもの両方とも事前登録しなければなりません。会員登録自体は無料ですので、今すぐ使う予定がなくとも登録しておくと便利でしょう。

さらに外出先でもらった書類や資料を、すぐにデジタルデータとして残したいのであればスキャナー機能を利用してみましょう。保存できるのはUSBメモリがメインですが、セブンイレブンではスマホに保存することも可能です。また手持ちの書類をデジタル化するだけでなく、思い出の写真や子どもの絵などを保存しておくのにも活用できます。母の日や父の日に描いてくれた似顔絵など、捨てられないものの保存場所に困る思い出の品はぜひデジタル化してみてください。

コンビニのマルチコピー機をうまく活用すれば、自宅にFAXやプリンタ、スキャナがない人はもちろん、営業などで丸1日外出しているといった場合でも簡単に書類を受け取ったり送ったり。さらに整理したりもできます。出先でちょっと困ったな、と思ったらぜひこうした機能を思い出して活用してみてください。

Copyright© コンビニのすべて~120%活用術 All Rights Reserved.