コンビニで「お役所仕事」

実際に働くスタッフすら知らないこともありますが、コンビニでは自賠責保険に加入することができます。車、バイクに乗る人にとっては、とても便利なサービスと言えるでしょう。この手の「役所仕事」的な取り組みが、もっと増えてくればいいのですが…。

自賠責保険、忘れてない?

車やバイクに乗る人は、すべて自賠責保険への加入を義務付けられています。違反すると6か月半以内の免許停止、あるいは50万円以下の罰金を受けることになります。それまでに微罪を重ねている人は、1年以下の懲役を科せられることもあるので、必ず加入しなければなりません。満了期を過ぎてもまだ車・バイクに乗っている人は、いませんか?

コンビニで申し込めば、その場で支払いを済ませて、ステッカーと証明書を受け取ることができます。また、メールアドレスと自賠責保険の満了期を伝えれば、満期の1カ月前にメールで案内してくれるシステムもあるようです。なかなか嬉しいサービスと言えます。

もちろん保険料は一律なので、コンビニで支払ったから高くなる、安くなる、といった違いはありません。自賠責の手続きは身近なコンビニで済ませてしまいましょう。

住民票も取れる!?

セブンイレブンでは、住民票の写しや印鑑登録証明書が取れることもあります(取扱いがない店舗もあり)。引っ越しや就職のために何かと必要となるこれらの書類、いちいち役所に取りに行くのも、気が滅入ります。コンビニでさくっと入手できれば、とても便利です。

これから先、この手の公式書類が取れるコンビニ、またその書類のバリエーションも、きっと増えてくることでしょう。もちろん役所がこの世から消えることはありません。しかし、あの手の施設に特有のじとっした雰囲気が苦手な方には、助かるサービスです。セブンイレブンに倣って、他のコンビニもどんどん真似していってほしいところですね。

意外に堅苦しい申し込み・発行なども請け負ってくれるコンビニ。あなたはこれらのサービスを、ご存じでしたか? まだまだコンビニには、知る人ぞ知る秘密があるかも…! より快適な生活を送るためにも、コンビニの120%活用を目指しましょう。

Copyright© コンビニのすべて~120%活用術 All Rights Reserved.