各種支払いはお近くのお店で♪

いろいろとお金にまつわる処理が増えてくる大人にとっては、コンビニで公共料金などが支払えるのも嬉しいところです。ついでにお酒や煙草などの嗜好品もゲットできて、大人の生活が捗ります。これからもなるべく存続してほしいサービスの1つです。

いろいろな料金を支払える

ガス代、電気代、水道代、いわゆる光熱費は、すべてコンビニで支払うことができます(一部のコンビニでは取り扱いがないこともあります)。各会社がバーコードのついた請求書を送ってきてくれるので、これをレジに持っていくと、その場で支払いを済ませられるわけです。理由があって銀行引き落とし、カード引き落としを避けたい大人にとっては、助かるシステムと言えるでしょう。

また、ネットショッピングなどで購入した商品の料金も、同様に請求書を持っていけばコンビニでの支払いが可能です。クレジットカードからの引き落としにしていると、あまりに手軽で、ついつい余計なものまで買ってしまいがち。「コンビニ支払い」にすることで不要な買い物を防げる、というメリットもあります。

最近では、支払いにかかる手数料も少しずつ減ってきています。毎月の負担となるとバカにならないお金なので、何かと出費が増える大人にすれば、これも嬉しいところです。忙しいときは、請求書を持たせて子どもにでも頼めばいいので、自分の時間も奪われずに済みます。

ATMでも振り込み可能

公共料金、その他の買い物の料金を「銀行振込」に指定している人は、コンビニのATMからでも支払いが可能です。特に休日、あるいは給料前の銀行は、非常に混雑します。わざわざ列に並ばなくてもいいコンビニで振り込みができれば、貴重な余暇の時間も削らずに済みます。毎日色々なことに忙殺される日本人にとって、コンビニで何もかもが支払えることは、人生の質の向上にもつながります。

光熱費やショッピングの費用をコンビニ支払いにし、毎月現金でペイしていれば、「こんなにお金を使っているのか…」と思い知るはず。少し憂鬱ではありますが、その意識は「節約」にもつながってきます。そういう意味でも、コンビニでの支払いは魅力的と言えます。

Copyright© コンビニのすべて~120%活用術 All Rights Reserved.