味も値段も大満足なプライベートブランド

値段の安さとクオリティの高さで人気のプライベートブランド商品。イオンのトップバリュやセブンイレブンのセブンプレミアム。ほかにもファミリーマートのファミマセレクトやローソンセレクト、サークルKサンクスのスタイルワンといったものがあります。どこのプライベートブランドもそれぞれ自社なりのこだわりを持って開発がされており、味はなかなかのもの。値段も直接メーカーと提携し開発しているため、仲卸業者を挟んでいないぶん割安となっています。

最初は食パンやカップラーメンといったものだったプライベートブランド商品も、ここ最近の注目度の高さによってどんどんと拡大。いまやほとんどの商品にプライベートブランドが進出しているほどです。そのためコンビニでも多くの商品が取り扱われており、自炊の手助けになってくれます。

注目は、調味料

プライベートブランドで注目すべきは調味料。自炊を始めようと思うとまず必要に迫られるのが調味料です。ですが揃え始めると意外に種類が多く、スーパーで売っているものだと容量が大きすぎて使い切れずにダメにしてしまうことがほとんど。そのてんコンビニのプライベートブランドの調味料なら一人暮らしの人にも使い切りやすい少量なうえ、値段も安め。自炊の第一歩として買い揃えるにはおすすめです。

ただコンビニによってプライベートブランド商品の充実具合はまちまちです。今のところもっとも充実しているのは、セブンイレブン。日用品から調味料、パン類やお菓子などありとあらゆるものにセブンプレミアムがあり、とてもバリエーション豊かです。調味料に関しても醤油や料理酒、みりんといった基本的なものからオリーブオイルやゴマ油などのあると便利なものまで一通りは揃っています。最初は基本の調味料で、なれてきたら中華や洋風などを揃えてみるといいでしょう。ちなみに醤油やみりん、酒をそれぞれ揃えるのが面倒ならめんつゆを買っておくのがおすすめです。このなかにベストな配合でダシや醤油、みりんなどが入っているので薄めたり砂糖や塩で味を少し整えれば和風の献立なら一通り作れます。ラベルのレシピではめんつゆのみでできると載っていますが、それだけだとどうしても変化のない味になってしまうので、甘みを強くしたり塩気をきかせたりと料理ごとにメリハリをつけると飽きがきませんよ。

食事のあと一品にも便利

プライベートブランドは、調味料やパンだけでなく惣菜などにもかなり力を入れています。セブンイレブンのセブンゴールドシリーズのように値段は多少高くとも、味にこだわった商品も多いため、食事にあと一品追加したいときにも活用しやすいです。

たとえば野菜不足が気になるならカット野菜のサラダシリーズを使ってサラダにし、ドレッシングは自作してみたり。ドレッシングだけならオイルと酢、塩コショウを自分好みの味に混ぜるだけなので意外と簡単。醤油を少し加えれば和風ドレッシングにもなります。料理をする、と構えてしまうとなかなか大変ですが、すでにある程度加工してある食材に一手間加えるだけでも最初は十分でしょう。なれていけば加える手間が増えていってもそこまで時間がかからなくなってきます。そうすると自然に料理上手になれるはずですよ。

コンビニだけでなく、スーパーでも所狭しと並んでいるプライベートブランド商品。ひとり暮らしの自分にはあまり関係ないと、コンビニでも見過ごしているのであればとてももったいないことをしています。しっかり探せば、とても便利で使い勝手のいいものばかりです。ぜひ今度コンビニに行くことがあれば、探してみてください。

Copyright© コンビニのすべて~120%活用術 All Rights Reserved.