売れなくても置かなければならない商品もある

コンビニエンスストアでは、高度な情報処理システムを使って、毎日、毎時間、どんな商品が売れ、なにが売れなかったのかをチェックしています。1日に40万円~60万円程度の売り上げを維持し続けるためには、売れないものを置いておいても仕方がありません。30坪の狭い店の中における商品の数はおよそ3000品です。

売れる商品をいかに上手に選ぶかで、利益が出るか出ないかが決まります。時間単位での売り上げ管理はコンビニの生命線とも言えるのです。

コンビニはそれほど利益率の高い商売ではありません

コンビニの売り上げは最大手のセブンイレブンで平均66万8千円、ローソンやファミリーマートで50万円台の前半、それ以外のコンビニでは30万円台から40万円台です。月間の売上高は1千万円を超えますのでかなり儲かっているようにも見えますが、実際にはとても厳しい経営状態です。
コンビニの店長は、オーナーである場合と、オーナーに雇われた「雇われ店長」の場合とがありますが、雇われ店長の月収は15万円~25万円程度と言われています。アルバイトの店員とほとんど差はありません。オーナー店長の場合でも年収は平均で500万円~550万円といわれています。月収では40万円~45万円程度です。

24時間営業、年中無休をつづけるためには、深夜にも働かなければなりませんし、休みなく働かなければなりません。それだけ頑張っても、平均すると一般のサラリーマンとあまり変わらない収入しか得られていないのが実情です。わずかでも売り上げを伸ばして、努力に見合う収入を得るために、店長は必死に商品の入れ替えを行います。
3000品目の内、7割の商品は1年以内に入れ替えとなります。ドリンクの場合、1年生き残れる商品は半分しかないと言われます。そんな厳しい競争の中で、売れないのに生きのこっている「定番」商品もあるのです。

お線香、ロウソク、ビニールひもは必ずあります

し烈な生き残り戦争の中でも、お線香、ロウソク、ビニールひもは売れなくても置いてあります。中央の棚付近に置かれている「つり下げ文具」もあまり売れません。これらの商品は、「コンビニに行けば何でもそろう」というイメージをつくるための商品です。
コンビニは「外周」と呼ばれる、壁側、窓側の商品が売れ筋です。ドリンクやお弁当、雑誌などの外周商品で売り上げの8割を占めていると言われます。逆にいえば中央の3~4列の棚の商品は2割しか占めていないということになります。
あまり売れない商品ではあるものの、これらのニーズは必ずあります。「あるのかな?」と思って買いに来た客が「あったー」と喜べば、「コンビニに行けば何でもそろう」「スーパーまでいかなくていい」というイメージが作られます。そのためにわざわざ売れない商品も置いてあるのです。

コンビニでは、毎日厳しい商品の競争が行われています。売れない商品を置く余裕はありませんが、それでも、お線香やロウソクなどは置いておかなければならない商品なのです。

Copyright© コンビニのすべて~120%活用術 All Rights Reserved.